概要


machine スラリースクリーナーは、1ミクロンから数百ミクロンの分級、篩い分け、また仕上げのチェックフィルターとして威力を発揮する湿式分級機です。

円筒スクリーンの内側で回転するスクリューローターにより、スクリーンの端部より供給されたスラリー中の固形分を連続的に分級できる湿式篩です。

濃縮、固液分離、粗大粒子除去や異物除去も可能であり、振動篩の代替に最適です。

メカニズム



1、投入されたスラリー原液は、スクリーンの内側で回転するスクリューの遠心力により、スクリーンに向かって飛ばされます。

2、スクリューとスクリーンは非接触で、スクリーンはスラリーとの接触により常に振動するため、スクリーン上に固形分が堆積しにくく、目詰まりしにくい構造となっています。

3、微粒子は液体と共にスクリーンを通過し、網下品として回収できます。

4、粗粒はスクリューにより奥へと運ばれ、網上品として回収可能です。
mechanism

特徴



・1ミクロンから数百ミクロンでの高効率な分級や篩い分け、濃縮、固液分離が可能。

・スクリーンが常に微振動することによる、目詰まり防止。

・粗粒除去やビーズ除去、スラリーに混入する恐れのある異物除去が可能。

・スラリー性状に合わせて原料供給量、スクリーン(網)の目開き、ローター回転数、装置角度を調整することで、
 最適な分級、篩い分け条件を設定可能。

*篩分け例*

graph
・シンプルな構造による、容易な分解洗浄やスクリーン交換。

・装置の設置面積がコンパクト。

・振動篩に比べ、低騒音で安全な連続運転が可能。

・スチーム洗浄に対応。

・高粘度材料には、より確実に分級できるバッチ式の縦型も用意(処理量目安150kg/h)。
※通常(横型)タイプのスラリースクリーナーの対応粘度は、200cp程度となります。

*横型と縦型について*

横型は、網上品と網下品を連続的に排出するのに適しています。
縦型は、微量の異物除去に適しています。また、高粘度液や泡立ち液への対応が可能です。
image

サンプル動画




仕様


型式 SS95-250K
(横型)
SS170-500K
(横型)
SS90T
(縦型)
SS170T
(縦型)
スクリーン寸法(径×長さ) φ95×250L φ170×250L, 2本 φ90×95L φ170×250L
スクリーン有効面積(cm2 745 2,669 268 1334
100μm目開きスクリーン使用時
水ベース処理量(m3/h)
3(実測値) 12(理論値) - -
100μm目開きスクリーン使用時
実液処理量(m3/h)
※材料によって異なりますので参考値となります。
0.4 1.6 - -
10μm目開きスクリーン使用時
実液処理量(m3/h)
※材料によって異なりますので参考値となります。
0.3 1.2 - -
1μm目開きスクリーン使用時
実液処理量(m3/h)
※材料によって異なりますので参考値となります。
0.2 0.8 - -
電動機(kw) 0.75 1.5 0.09 0.75
ローター回転数(min-1 ~1500 ~1000 ~1500 ~1500
概略外形寸法(φA×B) φ225×1000 φ350×1500 φ240×700 φ300×900
重量(kg) 95 180 30 90
外形

カタログダウンロード


catalogue スラリースクリーナー 製品カタログ

お問い合わせ


mail
お問い合わせページはこちら
TEL

製品に関する具体的なご質問の他、「こういう物質を分離したい」「こういう事ができる機器はあるか」といった、
お客様が現在抱えている具体的なお悩みやニーズについてのご相談も歓迎しております。
上記のお問い合わせページまたは電話番号より、お気軽にご相談ください。↑ページトップへ